ITU ワールドパラトライアスロンイベント Paris

From the Blog

ITU ワールドパラトライアスロンイベント Paris

22793_505381256276266_6360653052765518750_n

11108831_505381272942931_7098822729910745528_n

パラの試合の為、身体障がいの選手とフランスに来ています。障がいをもつ人々が住みやすいまちづくりを推進している都市ならではの施設をご紹介します。航空会社に障がいの申請をしておくと、パリのシャルルドゴール空港で直ぐにAccueil(フランス語で受付、歓迎の意味)に通されます。障がい者が利用出来る施設であることを示す世界共通のシンボルマークがあり、身体、知的、ブラインド、デフ、急なケガや病気の方も利用出来るデスクです。
荷物の移動、現地でのホテルやレンタカーの手配、各種の相談が出来、ホテルへの送迎、パリ泊だと翌日もホテルに迎えが来て希望の場所まで送ってもらえ、それら全てが無料で行なってもらえます。スタッフの人数も沢山いて皆、とても親身になって親切に接してくれていました。
このような施設が世界中にあれば障がいがあっても安心して移動出来ると感心しました。
merci!

10325274_505381306276261_734405533605995916_n

10296562_505773299570395_3073941525884877105_n