Program

Program

育成プログラム


スポーツトレーナーの学校を卒業しても、国家資格を取得しても、現場に出て沢山の選手と関わり経験を積まないと信頼されるトレーナーにはなれません。
また、トレーナーの仕事というのは選手の身体のケアだけに留まらず、特に障がい者スポーツの世界では、移動や着替え、食事など一緒に動く生活全てのサポートが必要になります。
指圧、マッサージの技術や身体の診かた、知識はもちろんですが、その場その時に必要とされる仕事を選手やコーチ、監督としっかりコミュニケーションを取り、不安や心配を少しでも無くして大事な場面に臨めるようサポートさせて頂くことが大切だと考えます。
当協会では様々な分野のスペシャリストを講師として御招きし、共通認識を持った頼られるトレーナーがたくさんの場所で活躍出来るよう橋渡しをしていく活動を続けていきます。